歯についた茶渋の落とし方

歯に茶渋がついて落とし方もわからず、みっともなくて困っていました。

歯に着いた茶渋を落として綺麗な歯になった

 

日本茶が大好きで良く飲んでました。日本茶はカテキンとか体に良い成分もたくさん入っている健康飲料なんですよね。

 

 

でも、いつの間にか歯磨きでは落ちないほど歯が茶渋で汚れていました。

 

 

粗塩で磨きましたが、一旦ついた茶渋はそれぐらいでは落ちないんです。

 

 

口を開けると茶色く目立つ歯。 みっともないのに、どうしてよいのか分からない・・・困っていました。

 

 

アズマ工業 メラミンスポンジ 研磨 大判 6個入

なんとかしたくて、直ぐに歯の汚れが落ちると聞いたメラミンスポンジも試しました。

 

確かに驚くほど良く落ちるんですが、歯には良くなかったんです。

 

キレイになったといっても、エナメル質を削り取るので、その傷跡にまた茶渋がついてしまうという繰り返し。

 

 

研磨剤を使って歯を白くする歯磨きもメラミンスポンジと同じで、こういったアイテムがとても多いことが良くわかりました。

 

 

 

 

歯を傷つけずに白くする方法を調べてるうちに、研磨剤を使わず1週間で白くなるというアイテムを見つけました。

 

 

半信半疑でしたが、使って1週間もすると本当に歯が白くなったのには驚きました。

 

 

 

研磨剤なしにキレイに歯についた茶渋を落とし、白くした方法についてご紹介します。

 

 

 

茶渋が歯にこびりついてとれない原因は?

 

歯の表面は滑らかに見えますが、実際には凸凹してます。

 

 

わずかな傷や凹みに色素が入り込むので、なかなか取れなくなります。これがステインという汚れです。

 

 

エナメル質を削りとることに気づかずにアイテムを使ってしまうと、歯にとってともて大事なエナメル質が無くなってしまいます。。るので、やってはいけません。

 

 

歯を削らず真っ白な歯にする方法

 

茶渋

 

ステインは削り取らず、歯と汚れの間を浮かせて除く方法は、歯を傷つけない最適な方法なんです。

 

 

 

 

美容歯科がおすすめ、でも高額で時間もかかります。

 

一番確実に効果があるのが美容歯科です。でも5〜6万円の費用がかかるしアフターケアも必要なので、相当な時間をとられてしまうので、勤めているとなかなか時間もとれません。

 

超音波歯磨き

 

超音波は汚れは取れても白くはならないので、歯を白くしたい思いが強いと満足できない方法です。

 

ホワイトニング歯磨きが有効

 

在宅で自力で歯を白くしたければ、ホワイトニング歯磨きが効果的です。でもたいていのホワイトニング歯磨きは、数カ月とか時間をがかかるものが多いんです。

 

効果が早く出るというものには、研磨剤が入っているものもあるので、エナメル質が減るのでやめておきましょう。

 

 

研磨剤が入っていないけれど、1週間で白くなるホワイトニング歯磨き

 

そうはいっても、もし効果がなかったらと思うと購入をためらってしまいました。

 

でも茶色の歯をなんとかしたいJと強い思っていたので、45日間の返金保証が背中を押してくれたんです。

 

 

薬用パールホワイトプロEXプラスを使ってみました

 

 

パールホワイトプロexプラス 

 

見つけたのがパールホワイトプロEXプラス

 

 

パールホワイトプロexプラス

この薬用パールホワイトプロEXは、食後30分経ってから歯磨きのあとに使います。

 

泡立たないので、綺麗になったかどうかが良くわかって使いやすいです。

 

汚れたところを中心に鏡を見ながら5分間、軽く歯の裏側まで丁寧に磨きました。

 

 

1週間で白くなるよと説明してあった通り、研磨剤無しで、かなり綺麗になり満足できるほど白くなりました。

 

 

他のホワイトニングよりも少し高価だけど、効果があったので本当に良かったです。

 

 

パールホワイトプロex

現在使って3か月目ですけど、歯が白くなっただけでなく、歯茎まで健康的なピンク色になってきました。

 

 

 

 

>>ホワイトニング歯磨き【薬用パールホワイトプロプラス】の詳細

 

 

歯にの茶渋の落とし方でやってはいけない参考動画⇒ メラミンスパンジはエナメル質を削るからやってはいけません。

 

更新履歴